「神宿る島」国際文化芸術プロジェクト

『日本博「神宿る島」国際文化芸術プロジェクト
〜MUNAKATA ECO FESTIVAL〜』とは

古代日本と東アジアとの活発な交流から生まれた文化の証である世界遺産「宗像・沖ノ島と関連遺産群」。自然の多様性を尊重する「神宿る島」への信仰と、その中で受け継がれてきた伝統はわが国の文化形成と発展に大きく貢献してきました。「神宿る島」国際文化芸術プロジェクトとは、その伝統とともに継承されてきた精神と思想を基層にし、さまざまな文化芸術プログラムを通して「日本の心」と「日本の美」を世界に発信していくプロジェクトです。

「MUNAKATA ECO FESTIVAL 2021」は、 世界遺産を有する宗像宗像の地から「常若」の考えを実践し、世界に向けて発信していく「宗像国際環境会議」を核とし、「地球と人類のあるべき姿とは?」という問いかけを持つ場であると同時に、日本特有の自然観、感性、思想、表現を通じて文化芸術を核とした「循環共生圏」の確立を目指す、環境活動と文化芸術活動を架橋する祭典です。

ABOUT

主 催

文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、宗像国際環境会議実行委員会

宗像国際環境会議とは

宗像国際環境会議は、玄界灘の海水温度の上昇により沿岸部に広がる磯焼け、漂着ゴミ(マイクロプラスチック)の問題を中心に「海の鎮守の森」構想を掲げ、海の再生事業に取り組みながら、近年の急激な海の変化への提言や情報を国内外に発信するため、平成26年(2014年)に設立されました。

おもな活動
⑴ 宗像国際環境会議 (年1回)
⑵ 海の再生/竹漁礁作り、海岸清掃
⑶ 地元中高生向けの育成プログラム
⑷ 豊饒祭/稚魚放流行事
⑸ 啓発活動

日本語サイト https://www.munakata-eco.jp
英語サイト https://en.munakata-eco.jp

日本博とは

「日本博」は、総合テーマ「日本人と自然」の下に、「美術・文化財」「舞台芸術」などの各分野にわたり、縄文時代から現代まで続く「日本の美」を国内外へ発信し、次世代に伝えることで更なる未来の創成を目指す事業です。

日本博公式ウェブサイト
https://japanculturalexpo.bunka.go.jp/